スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯基地局は有害! 近隣住民から「胸が締め付けられる」「頭が痛い」などの訴えが続出
延岡市大貫町5丁目にある携帯電話の中継基地局のアンテナをめぐり、地元住民が反発を強めている。同地区では63人が原因がはっきりしない体調不良を訴えており、安全性が明確でない電磁波への不安が根強いためだ。撤去を求める住民側に対し、携帯会社は「国の基準値内で運用しており問題ない」として、互いの主張は平行線をたどる。住民側からは自治体に仲裁を求める声も出始めている。
(二宮俊彦)

http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000710090006

 「『キーン』という耳鳴りがして、時々、胸がグーッと締め付けられるんです」。同地区に住む岡田洋子さん(54)は昨年12月、異変を感じ始めた。

 自宅は基地局のアンテナから直線で約45メートル。窓側に近づくと、その度合いが増した。夜もなかなか寝付けず、睡眠導入剤を使う日々が続いた。情報誌で電磁波のことを知り、窓にアルミ箔(・・・はく)を張ったレジャーシートをすき間なく張り付けて「防御」を試みたが、症状は変わらなかった。

 「逃げ場がない」。夫の澄太さん(58)も同じ症状を訴え、今年2月に十数キロ離れた場所に転居した。引っ越して症状は和らいだが、自宅に戻れるあてはない。

 ほかに症状を訴える人の中には、段ボール箱にアルミホイルを張り付けて、その中に頭を入れて寝る人もいるという。

                         ◇

 住民らによると、アンテナは高さ約4メートルで、KDDI(au)が昨年11月に3階建てマンションの屋上に設置。その直後から周辺で耳鳴りや頭痛、後頭部の痛みなど、不調を訴える住民が続出した。今年5月に住民が周辺の143世帯で独自に実施した健康調査で、体調不良を訴えた人は42世帯63人に上った。原因として基地局からの電磁波を指摘する声が出た。

 住民は2月、KDDI側にアンテナの撤去を申し入れたが、話し合いは平行線。KDDI側は基地局から出る電界強度が総務省の「電波防護指針」の基準値以下であることや、世界保健機関(WHO)の「健康への明らかな重大性はない」などの報告を例に「安全性は確保されている」と住民側に理解を求める。

 基準値以下なのに、なぜ、健康被害を訴える人が出るのか――。住民は6月末、延岡市に原因解明を求める要望書を提出した。岡田さんは「当事者だけでは壁に当たってしまう。行政が仲裁に入ってくれれば大きな力になる」と話す。

 市は、KDDI側に住民へ十分な説明をするよう求め、同社が現地で行った電界強度の測定調査にも立ち会った。だが、仲裁には及び腰だ。市の担当者は「健康被害の原因が特定されない限り、(基地局設置の)許認可権限がない自治体としては動けない」と話す。

                         ◇

 総務省九州総合通信局(熊本市)によると、携帯電話の急速な普及に伴い、基地局は増加している。県内の基地局は7月末で約1400基と、4年で約580基増えた。

 一方、基地局をめぐる紛争は各地で起きている。「中継塔問題を考える九州ネットワーク」(熊本市)によると、住民が組織的に反対したケースは、九州では20団体以上。住民側が基地局の撤去を求めるなど訴訟に発展したケースが6件あり、現在も係争中だ。

 同ネットワークの宮崎周事務局長(68)は、電磁波による人体への影響は研究段階で、未解明な部分が多いと指摘する。「現在の基準値は暫定的な数値であって、研究が進めば、それまで安全とされた数値が危険になる恐れもある」と言う。

 住民は8月末、九州総合通信局に健康被害が電磁波によるものなのか、住民の健康調査を実施するよう嘆願書を提出した。だが、同通信局は「一義的には自治体が調査すべきことでは」と否定的な姿勢だ。

 では、地元住民の安全性をどう確認するのか。宮崎事務局長は第三者を入れた中立的な疫学調査が必要だと言う。「安全性の証明義務は国や携帯会社が負うべきであり、その際に住民の同意は欠かせない。自治体の関与も必要なのではないか」と話している。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/13(火) 09:26:13 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/21(水) 16:17:18 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/22(木) 19:41:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/25(日) 10:49:33 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/29(土) 13:43:24 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/22(火) 21:43:57 | | #[ 編集]
日本政府による日本国民の強制移住政策が始まっている(1)
■日本政府による日本国民の強制移住政策が始まっている(1)
http://www.kitami.tv/hitler_2007-06-14.jpg
http://storage.kanshin.com/free/img_20/200710/512638353.jpg

 警察庁警備局や都道府県警察の警備課,公安調査庁の公安調査官が,罪の無い一般の国民に対して,「警備公安活動」の一環として,
「尾行」や「ストーカー行為」,「集団ストーカー行為」を行い,ヘリコプターで低空飛行し,あるいは,救急車や白バイ,パトカー
などの緊急車両で騒音公害を引き起こし,あるいは「電磁波過敏症」の原因を作り出している理由として,日本国民を新大陸である
アメリカ合衆国,カナダ,オーストラリア,ニュージーランドといった,新大陸の国々に移住させようという,目的があります。


 日本政府やマスメディアが,一般市民に,メディアを通じて,英語を勉強するように強要しているのも,日本国民を海外へ移住さ
せようという計画の一環です。
2008/03/18(火) 00:22:56 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
■日本政府による日本国民の強制移住政策が始まっている(2)
http://www.kitami.tv/hitler_2007-06-14.jpg
http://storage.kanshin.com/free/img_20/200710/512638353.jpg

 こうした事は,何も,日本政府だけがやっている事だけでなく,韓国政府や
台湾政府,中国政府もやっている事です。こうした国々が,徴兵制を採用する
理由の一つに,自国民を強制的に移住させるという,目的があります。

 日本では,徴兵制がないので,警備公安警察が,さまざまな嫌がらせを個
人に行って,一般市民を,海外へ,強制移住させようとしているのです。 

 しかし,アメリカ,オーストラリア,カナダ,ニュージーランドの政府や
それら市民は,自分たちの生活があるので,海外からの大量の移民が押しか
けてくる事には,反対です。

 日本人が,在日朝鮮人や在日中国人に対して,快く思わないのと同様です


 ブッシュ大統領は,日本政府によって実施されている「強制移住政策」に
対抗する目的で,「国土安全保障省 Department of Homeland Security」
という省庁を新設し,「不法移民対策」を強化しています。「国土安全保障
省」は「我々(アメリカ人)の自由を守れ!!Preserving our Freedoms」と
いう,キャッチフレーズを,ホームページに掲載しています。
http://www.dhs.gov/index.shtm

 その結果として,日本国籍の不法移民が,ブッシュ大統領の就任以降,アメリカ大陸から,
かつて無い規模において「強制送還」されています。

 従って,日本人が,日本政府の警備公安活動により,強制させられて,アメリカへ移住したとしても,
決して,アメリカ連邦政府やアメリカ人からは歓迎されませんし,経済的にも,日本で居住するよりも,
悪化する事は間違いありません。

 常識的に考えて,英語がほとんど出来ない日本人がアメリカへ移住したとしても,アメリカで仕事を行う術がありません。
せいぜい,日本料理店の板前やすし職人ぐらいでしょう。

 また,アメリカのパートタイマーの給料は,時給5ドル程度で,日本よりも低く,一方で,住宅費は日本の2倍から3倍程度します。

 アメリカ以外のオーストラリア,カナダ,ニュージーランド,英国などにおいても,状況は一緒です。
日本政府に騙されて,移民して一生を無駄にした,「ドミニカ移民」の話は有名です。

 しかし,このような,現場を無視して,日本政府の,特に,自民党と,警察庁や警視庁
の主導による,日本国民の強制移住政策は,現在においても続けられており,一般の日本国民が,
外国へ移住するように強制するための,様々な嫌がらせが,警備公安警察により行われているのです。

2008/03/18(火) 00:23:28 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
日本政府による日本国民の強制移住政策が始まっている(3)
■日本政府による日本国民の強制移住政策が始まっている(3)
http://www.kitami.tv/hitler_2007-06-14.jpg
http://storage.kanshin.com/free/img_20/200710/512638353.jpg

 しかし,我々は,日本国に出生した,日本国民です。従って,日本国は,我々,日本人を死亡するまで扶養する義務を負うのです。
これは,ウィルソン大統領以来の,独立国の国際的な義務なのです。

 なぜ,日本国民である我々が,日本政府によって,嫌がらせを受けて,外国へ強制的に追い出されなければならないのでしょうか。
なぜ,我々が,日本語以外の言語である英語を勉強して,その言語で生活せねばならないのでしょうか。

 我々が,日本政府によって,強制移住させられ,外国へ移住したとしても,我々は,外国で生活に苦労するだけです。
そうして,一部の,自民党幹部や,公官庁の職員,上場企業の役員とその家族達だけが,中国の共産党幹部のように,イエスマンに囲まれて,贅沢な暮らしを,何の苦労もせずにするのです。

 幸い,アメリカ合衆国やオーストラリア連邦,カナダ連邦,イギリス連合王国,ニュージーランド政府は,日本政府から外国へ移住するように強制させながらも,それに抵抗して,外国に移住しないで,日本に居住し続ける日本人には,色々と支援してくれます。
困ったことがあったら,日本にある外国大使館に連絡してください。

 特に,アメリカやイギリスなどの国連常任理事国の大使館がいいでしょう。http://phonebook.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C2%E7%BB%C8%B4%DB&a1=&h=s&g2=0078
星条旗(アメリカ国旗)やユニオンジャック(イギリス国旗)といった外国旗を自宅の外に掲げるといった事も有効です。https://www.mmjp.or.jp/ssl.sarago.co.jp/shop/


2008/03/18(火) 00:24:10 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
政府にとって「破壊活動団体」
■石橋輝勝 元八街市議会議員が主催する「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」や「集団ストーカー団体」
は政府にとって「破壊活動団体」
http://www.kitami.tv/hitler_2007-06-14.jpg
http://www.news.janjan.jp/area/0706/0706127150/img/photo12.jpg




 石橋輝勝 元八街市議会議員が主催する「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」や「集団ストーカー」の関連団体にに加入すると,「破壊活動防止法」(昭和27年7月21日・法律第240号)に基づいて,公安調査庁に尾行され,反米テロリストや過激派,共産主義者,革マル派,オウム真理教,アレフ信者と同様の扱いを受けます。

 石橋輝勝 元八街市議会議員については,「民主党」の元市議会議員であるため,一般人に対して安心させていますが,警察庁,公安調査庁や弁護士会は,「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」を破壊活動団体とみなしています。

 ようするに,石橋輝勝 元八街市議会議員が主催する「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」や「集団ストーカー」の関連団体は新種の「組織暴力団」や「オウム真理教」なのです。

 そのため,「会員」になると,「組織暴力団」の扱いを受けます。現に私は,そのような扱いを受けて,損害を被り,一生を無駄にしました。

 インターネットで,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話を書くだけで,「過激派」の「扇動ビラ」や「オウム信者」の「パソコン通信」と同じ扱いを受けることを覚悟してください。

 公衆で,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話をするのも同様です。警察庁の警備局,警視庁の公安部や都道府県警察の警備課,組織犯罪対策課,公安調査庁の公安調査官,自衛隊の情報保全隊といった,いわゆる「警備公安警察」が貴方を尾行して,「危険人物」の「ブラックリスト」に書き加えます。

 そうなると,「警備公安警察」は,近所や職場,親戚にいたるまで,聞き込みを行って,貴方について聞いて回ります。親戚や近所の関係も終わりになってしまいます。

 就職する際も,「警備公安警察」が,会社に伝えて,貴方の就職を妨害して,病院に早く入院させるように行政指導に来ます。就職も佐川急便の倉庫作業のような,「前科者」や「暴力団組員」がやっている仕事しか出来なくなります。

 だから,絶対に,こういう事は,インターネットで書き込まないでください。

 更に,弁護士との委任契約も妨げられて,民事裁判権や財産権も消滅します。

 そうすると,弁護してくれる「弁護士さん」がいなくなりますから,本人訴訟として,自分で訴状や準備書面を作成して,出席しなくてはいけません。

 アメリカ軍がグアンタナモ基地に,テロリスト容疑者を隔離していますが,そういう人達は,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の主張をいつも行っている人達が大半を占めます。

 日本で,こうした主張をして,アメリカ合衆国に対する安全保障の脅威と看做される行為を行った場合,最悪のケースとして,米軍横田基地から,グアンタナモ基地へ,移送される危険性も存在します。

  実際に,私は,石橋輝勝 元八街市議会議員が主催する「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」に参加しただけで,沖縄県読谷村にあるトリイステーションから
 来たと思われる,厳ついサングラスをかけた,二人組みの白人で構成される,アメリカ陸軍特殊部隊(United States Army Special Operations Command)であるグリーンベレー(特殊作戦群)の諜報員に尾行されました。

 北朝鮮やイラン,キューバのカストロ政権,アフガニスタンのタリバン政権やテロリストグループであるアルカイダのメンバーも,,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」の主張を行って,アメリカ合衆国を批判している人々なのです。

 ですから,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話をインターネットや公衆でしていると,外国に行っても,テロリスト扱いされて,入国拒否や長期ビザの発行拒否が行われます。

これが,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」をインターネットで出回らせている狙いなのです。

 すなわち,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話は,誰も耳を貸さなくなった「反米テロリスト」や「過激派」,「共産主義者」,「革マル派」,「オウム真理教の信者」,「アレフ信者」を作り出すために行われているのであって,そうならないで,普通の人間のように生き抜くことが,貴方にとって,最も利益になることです。

 高所得の仕事には,数に限りがあります。すべては,そのような高所得の仕事を,自民党幹部や公官庁の幹部,上場企業の役員幹部が,中国共産党の幹部のように,自分の息子・娘に与えるための資源獲得競争なのです。

 貴方が,このような罠にはまることで,貴方の仕事を放棄して,誰かに所得をプレゼントする必要はありません。 

 厚生労働省は,暴力団員の生活保護を2006年4月から,生活保護費受給を認めないという方針を決定しています。

 このように,インターネットで,「エシュロン」や「TIA」,「ライフログ」,「電磁波」や「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話を流出させる一方で,そうゆう話をしている国民を,警備公安警察が,「危険人物」として「暴力団員」の扱いをする事で,「就職差別」を行い,あるいは,「生活保護」を受給停止にして,「福祉の切捨て」や「弱者の切捨て」を行おうとしているのです。

 「集団ストーカー」は,警察が一般人を尾行し,その尾行を,一般国民に気にさせて,貴方の日常生活を破壊するために行われる警備公安活動です。

 もし,貴方が,電磁波過敏症を患っているならば,後遺症が生じない程度に最小限度に,薬を服用して,精神病に基づく,精神障害であると考えたほうが,経済的には成功します。

 薬にはアレルギーが強い人もいますが, 電磁波過敏症の患者にとって,頭痛やひどい吐き気,腹痛は厄介な問題です。

 こうした問題を解決するには,市販の頭痛薬や正露丸は必至なはずです。

 症状が強いときは,病院の薬や点滴を受けるしか,解決の術はありません。
2008/03/18(火) 00:24:59 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
「エシュロン」や「電磁波攻撃」,「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話を出回らせる本当の狙い
■「エシュロン」や「電磁波攻撃」,「思考盗聴」,「集団ストーカー」の話を出回らせる本当の狙い
http://www.eizokiroku.com/tokyoac-03.jpg


1.「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」を「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」に加入させる

2.「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」に加入させて,「電磁波被害者」や「集団ストーカーの被害者」,「思考盗聴の被害者」,「何も知らない一般市民」を,無給で政治的に利用する
(共産主義の大衆動員理論を用いた,日本国内の組織における擬似(ヴァーチャル virtual)共産主義体制 例 北朝鮮のマスゲーム・ソビエト連邦の赤の広場における,メーデーの市民パレード)

3.「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」を政治的に利用する事で,「警備公安警察の内偵員」が自らが管理する.「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」の収益を向上させて,自らの個人財産を増やす

4.「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」を日本国内に居住し難くして,外国へ国外追放し,「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」の給与所得や給料を
自分達の給料にする。



■「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」が,「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」に加入するデメリット
http://www.eizokiroku.com/tokyoac-03.jpg

1.「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」が「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」に加入する事で,就職先や
「警備公安警察」から「危険人物」とみなされて,「就職差別」を受けて,仕事をして,給料を貰う機会を失う

2.「電磁波被害者」や「思考盗聴の被害者」,「集団ストーカーの被害者」,「何も知らない一般市民」が外国大使館に通報して,外国からの救援を受ける機会を失う

3.一生涯,「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」の会員として,「公安警察の内偵員」である「過激派のリーダー」や「暴力団組長」に,給料を貰わず,無給で手足として利用される

4.日常,「被害者の会」や「過激派」,「暴力団」の会員として扱われて,「警備公安警察」の尾行や嫌がらせを受ける。

5.分譲マンションの購入を拒絶されたり,賃貸マンションやアパートの入居を「大家さん」から拒絶される

6.国や地方自治体から「生活保護」の受給が受けられなくなる

7.銀行からの住宅ローンやクレジットカードの発行が拒絶される

8.会社や事業を始めても,取引を拒絶される

9.百貨店や大型電気店などで入店を拒否される

10.警備会社から危険人物を看做されて,百貨店や大型電気店で,警備員から追い掛け回される 
2008/03/18(火) 00:25:42 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
暴力団員の生活保護4月から認めず
●暴力団員の生活保護4月から認めず
http://www.nikkanberita.com/images/200605/200605312141213.jpg


 厚生労働省は28日、暴力団組員の生活保護費受給を4月から認めない方針を固めた。高齢化の進展などで生活保護給付費が増加し続ける中、保護費が暴力団の資金源になる恐れがあるとして、
社会正義上問題が大きいと判断、給付費の抑制を図る。これまでは、組員かどうかの確認が難しいことなどから、受給を認めるケースも少なくなかった。今後は警察と連携し、情報提供などを求めていく。

 同省は、暴力団対策法で定めた暴力団で活動している組員に対し「資産、収入、稼働能力その他あらゆるものを活用しても最低生活が維持できない」とする生活保護の適用要件のうち、稼働能力がな
いとの条件を満たしていないとして、保護費の受給を認めないことにした。[2006/2/28/22:48]



http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060228-0029.html
2008/03/18(火) 00:26:21 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
「マルサスの人口論」などの「人口学」は資本主義の基本原理です。「マルサスの人口論」などの「人口学」
を否定すると, 経済学上,「マルクス経済学」を支持するという事となり,法律上,「共産主義者」や
「テロリスト」 となって,自分で自分の給料が要らないと「権利放棄」を主張したこととなり,自分の
給与所得が削減されてしまいます。 なお,今日,国連加盟国において,安全保障理事会より,制裁措置が
課されている国を除いて,「マルサスの人口論」そのものを否定する国家は存在しません。
中華人民共和国も1979年より「一人っ子政策」を採用しており,「マルサスの人口論」に基づく
資本主義経済体制にあると言えます。

■「マルサスの人口論」という考え方(1)
http://www.jili.or.jp/kuraho/inochi/web02/img/ph_01.jpg
 
 今日人口政策は、発展途上国においては出生抑制策が採られ、先進国においては出生促進策が採られている。一般には前者がマルサス人口論(初版)による必然的政策であるとされている。
世界人口の80%を占める発展途上国には、
〈マルサスの悪魔〉が根強く存在し、悲観的に人口を抑制することが先決であるとされている。一方後者ではマルサス人口原理の適用外の政策が必要であるとされている。

 マルサスの第二版以降の、いわゆる、ドナルド・ウインチ( Winch, Donald1987)の呼称をかりれば、第二人口論は、今日の先進国の状況にも適用できるもので、有効人口の増大をも提唱
の内に含めていたのである。マルサスは第三版以降の付録で有能人口(efficient population)あるいは有効人口(effectivepopulation)の概念を示している。
 本章では、今日のような人口問題の二極時代に直面して、マルサスに帰り、その人口論に内在する本質を見直し、現代のアポリア(Aporie)的人口問題への接近の中から人口政策の
現代的方途を見つけることを目的として進めたい。
 

 マルサスの人口論では、人口は不断の増加傾向をもち、これが生存資料によって規制されるというのが三つの命題
に含意された基本原理である。これは、当初社会的意識の強い父との論争から、
人口理論をそれ自身として展開するよりもゴドウイン(Godwin,W.)(Rothschild, Emma 1995)やコンドルセー(Condorcet,M.de)などの進歩主義者の人
間精神の進歩と社会の完全化や財産の平等制度に対する反駁を主たる目的とした論争の性格をもったものであった。

 しかしこれがさらに論争を生み、その論争に答えての第二版では、全く面目を一新し、その着眼を人類の過去と現在に集中し
、人口原理そのものの歴史的・統計的な広範な検証に加えて、根本的に初版とは異なる理論を含むものとなった。ここで人口の妨げに
「道徳的抑制」を追加し、人口増加を理性的に抑制する方法を人口理論から人口政策へと直結したのである。

 1798年の初版では、「人口は算術級数的に増加するのに対し、食糧は幾何級数的にしか増加しないと主張し、
そして両者を均衡に導く要因として、死亡率に関する積極的抑制(悪徳;viceと窮困;misery)と出生率に予防的抑制を挙げた。

 これがマルサスの「第一人口論」である。これが発表されるや一大センセーシヨンとなったが、多くの避難を浴びた。

 それに対抗するべく第三の対策として、「道徳的抑制;moral restrint」を書き加えて刊行したのが第二版である。マルサスはこれを先の初版と
は全く新しい著作として公表した。マルサスの第二人口論という所以である。

 その後第六版までつぎつぎと改訂版が刊行された。その中核をなす理論は一貫しており、各版の叙述と力点には多少の差異がみられるが、
理論の充実化の中で大きな相違はないようである。

 一般に、マルサス的な人口論(マルサス主義)においては、農業生産性の増加が原因で、人口増加が促進され、究極的には最低生存費の等しい
レベルの窮乏化に陥ると考えられている。

 つまり、食糧の供給が非弾力的であるという前提から出発する。

 したがって、人口は非弾力的な食糧供給によって規定される従属変数
として扱われたとみることができる(Boserup, Ester 1981)。
2008/03/18(火) 00:27:11 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
J・トーマス・シーファー駐日米国大使の講演内容
J・トーマス・シーファー駐日米国大使

http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20071009-50.html
J・トーマス・シーファー大使
2007年9月6日

ウッドロー・ウィルソン・センターにおける講演

 ウッドロー・ウィルソン大統領ほど、民主主義の恩恵を他の諸国と分
かち合いたいと強く願っていた大統領はいませんでした。彼は、米国
が世界を永続的な戦争から恒久的な平和へと導くことを望んでいまし
た。民主主義的なヨーロッパというウィルソン大統領の理想が実現す
るには1世紀近い年月がかかりましたが、彼は、市民の選んだ政府が
最終的には人類の希望の星になると知っていました。ウィルソン大統
領を称えて名付けられたこの機関でお話をさせていただくことは、非
常に名誉なことです。
2008/03/18(火) 00:28:01 | URL | 強制移住政策にどう対処するか #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/20(日) 13:36:13 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/06/03(木) 02:18:26 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/23(火) 04:07:57 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/20(金) 04:19:51 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/22(火) 13:39:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。