スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯基地局は有害! 近隣住民から「胸が締め付けられる」「頭が痛い」などの訴えが続出
延岡市大貫町5丁目にある携帯電話の中継基地局のアンテナをめぐり、地元住民が反発を強めている。同地区では63人が原因がはっきりしない体調不良を訴えており、安全性が明確でない電磁波への不安が根強いためだ。撤去を求める住民側に対し、携帯会社は「国の基準値内で運用しており問題ない」として、互いの主張は平行線をたどる。住民側からは自治体に仲裁を求める声も出始めている。
(二宮俊彦)

http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000710090006

 「『キーン』という耳鳴りがして、時々、胸がグーッと締め付けられるんです」。同地区に住む岡田洋子さん(54)は昨年12月、異変を感じ始めた。

 自宅は基地局のアンテナから直線で約45メートル。窓側に近づくと、その度合いが増した。夜もなかなか寝付けず、睡眠導入剤を使う日々が続いた。情報誌で電磁波のことを知り、窓にアルミ箔(・・・はく)を張ったレジャーシートをすき間なく張り付けて「防御」を試みたが、症状は変わらなかった。

 「逃げ場がない」。夫の澄太さん(58)も同じ症状を訴え、今年2月に十数キロ離れた場所に転居した。引っ越して症状は和らいだが、自宅に戻れるあてはない。

 ほかに症状を訴える人の中には、段ボール箱にアルミホイルを張り付けて、その中に頭を入れて寝る人もいるという。

                         ◇

 住民らによると、アンテナは高さ約4メートルで、KDDI(au)が昨年11月に3階建てマンションの屋上に設置。その直後から周辺で耳鳴りや頭痛、後頭部の痛みなど、不調を訴える住民が続出した。今年5月に住民が周辺の143世帯で独自に実施した健康調査で、体調不良を訴えた人は42世帯63人に上った。原因として基地局からの電磁波を指摘する声が出た。

 住民は2月、KDDI側にアンテナの撤去を申し入れたが、話し合いは平行線。KDDI側は基地局から出る電界強度が総務省の「電波防護指針」の基準値以下であることや、世界保健機関(WHO)の「健康への明らかな重大性はない」などの報告を例に「安全性は確保されている」と住民側に理解を求める。

 基準値以下なのに、なぜ、健康被害を訴える人が出るのか――。住民は6月末、延岡市に原因解明を求める要望書を提出した。岡田さんは「当事者だけでは壁に当たってしまう。行政が仲裁に入ってくれれば大きな力になる」と話す。

 市は、KDDI側に住民へ十分な説明をするよう求め、同社が現地で行った電界強度の測定調査にも立ち会った。だが、仲裁には及び腰だ。市の担当者は「健康被害の原因が特定されない限り、(基地局設置の)許認可権限がない自治体としては動けない」と話す。

                         ◇

 総務省九州総合通信局(熊本市)によると、携帯電話の急速な普及に伴い、基地局は増加している。県内の基地局は7月末で約1400基と、4年で約580基増えた。

 一方、基地局をめぐる紛争は各地で起きている。「中継塔問題を考える九州ネットワーク」(熊本市)によると、住民が組織的に反対したケースは、九州では20団体以上。住民側が基地局の撤去を求めるなど訴訟に発展したケースが6件あり、現在も係争中だ。

 同ネットワークの宮崎周事務局長(68)は、電磁波による人体への影響は研究段階で、未解明な部分が多いと指摘する。「現在の基準値は暫定的な数値であって、研究が進めば、それまで安全とされた数値が危険になる恐れもある」と言う。

 住民は8月末、九州総合通信局に健康被害が電磁波によるものなのか、住民の健康調査を実施するよう嘆願書を提出した。だが、同通信局は「一義的には自治体が調査すべきことでは」と否定的な姿勢だ。

 では、地元住民の安全性をどう確認するのか。宮崎事務局長は第三者を入れた中立的な疫学調査が必要だと言う。「安全性の証明義務は国や携帯会社が負うべきであり、その際に住民の同意は欠かせない。自治体の関与も必要なのではないか」と話している。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

民間人を対象にした薬物投与試験
CIA極秘任務公開へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007062302026574.html
2007年6月23日

米中央情報局(CIA)は、一九五〇-七〇年代に行っていた海外の要人暗殺計画や国内の左翼組織への潜入など、極秘の非合法活動をまとめた報告書を来週公開する。米紙ワシントン・ポストなど米メディアが二十二日に報じた。

約七百ページに及ぶ報告書は、▽キューバのカストロ国家評議会議長を含む海外指導者の暗殺計画▽女優で反戦活動家のジェーン・フォンダさんにあてた四通の手紙をはじめ、旧ソ連や中国から米国に届いた郵便物を含む私信の開封▽ジャーナリストやコラムニストの電話盗聴と監視▽民間人を対象にした薬物投与試験-などの非合法活動を詳細に記している。

英文ソース:
CIA airs decades worth of spy documents
http://news.yahoo.com/s/ap/20070622/ap_on_go_ot/cia_secrets;_ylt
=An4rlgfzwm_Goj5YeiDT0zvMWM0F
CIA to reveal decades of misdeeds
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6229750.stm
CIA declassifies records of plots, kidnappings and assassinations
http://www.dominicantoday.com/app/article.aspx?id=24411
http://news.google.co.jp/news?hl=en&ned=us&ie=UTF-8&ncl=1117486126
脳波で光るライトセイバー
脳波で光るライトセイバー 来月日本で初公開

ダースベーダーのヘルメット内でセンサーが感知した脳波を無線でライトセイバーに送る。精神集中の度合いによってライトセーバーが点滅するという玩具の試作品が来月、日本で世界初披露される。

2007年05月02日 12時43分 更新
 “念力ゲーム”時代到来!? 米シリコンバレーのベンチャー企業が、心の動きに反応するハイテク玩具の開発競争にしのぎを削っている。

 AP通信によると、同地に本社を置くニューロスカイは精神を集中すると剣が光る玩具を開発した。映画「スターウォーズ」のダースベーダーのヘルメット内でセンサーが感知した脳波を無線でライトセーバー(剣)に送る仕組みだ。

 医療で使われる高額な脳波計センサーを1個約20ドル(約2400円)で製造。精神集中の度合いや不安、緊張を読み取る。パットの巧拙にプレーヤーの集中力を反映させたゴルフゲームにも応用できるという。試作品は6月28日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まる「東京おもちゃショー2007」で世界初公開する。

 一方、エモーティブ・システムズは18個のセンサーを搭載した精巧な家庭用ゲーム機向けヘッドセット(頭部に装着する入力機器)を来年発売する計画だ。複数の種類の笑いや瞬き、無意識の感情などを感知し、任天堂の「Wii(ウィー)」など最新ゲーム機用格闘ゲームなどを操れるようにする。同社はこの技術を、体がまひした障害者などが、仮想空間で自由に行動できるようにするためのシステムにも応用する考えという。

 昨年、日立製作所の脳血流測定技術をアトラクションに採用して話題を集めたバンダイナムコグループによると「日本で脳波を利用した家庭向け玩具製品は聞いたことがない」という。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/02/news029.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。