スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず物凄い集団ストーキング
用事があって市街をぶらつく。物凄い数の集団ストーキング。市民総動員で付き纏っているようにさえ感じる。改めて何故、自分がこのような目に遭わなければいけないのか?と思う。犯罪暦のある人物に対しても、このような人権侵害行為を受ける事は無いだろう。

何者か分からない不特定多数の者達によって、監視行為をされる理由を教えてもらいたい。ロリコン?精神障害者?まあ、そういう事にしておきましょう。で、実際に私が犯罪行為を行ったのでしょうか?自慢じゃないけど私は万引きすら一度もやった事ないんですよ。
ヘラヘラと悪意の満ちた冷笑を向けながらアンカリング等の嫌がらせを行ってくる者達の方が精神異常者にしか見えないのだが。

前にも書いたと思ったけど、いっそうの事、殺してくれはしないか。警察にも仲間がいるんですよね。簡単にもみ消す、自殺に見せかけるなんて朝飯前なのでは?。と考えるのは素人?


挑発するつもりは無いですが、僕は自殺は絶対にしませんのであしからず。どのような人権侵害行為を受けようとも生き続けますよ。


毎回思うのですが、これだけ加担者がいて内部告発者が一人も出てこないというのが不思議でしょうがない。

ネットでニュースチェックしている方ならご存知かと思いますが、耐震偽造事件のイーホームズ藤田社長が国の不正を暴くべく奮闘してます。こういう方がもっと現れてくれることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

ふと気付いたこと
在宅時において、盗聴盗撮、ノイズキャンペーン、どういう機器を使っているか解らないが遠隔操作による身体への攻撃、音声送信などの殺人行為を24時間、毎日行ってくるのは1軒だけだった。

自宅は隙間無く加担者宅に囲まれていて、同様の行為は受けてはいるが、連日繰り返されることは無く、ノイズキャンペーン以外、嫌がらせを行っているのかは不明。
外出すれば物凄い数の集団ストーカーに付き纏われ、近所の加担者ばかり意識していられる状況ではないので、気が付くのが遅かったが。ローテーションで回し、嫌がらせを行っていると思ってたけど、そうではなかったみたい。

この連日行ってくる家の化け物は楽しそうに嫌がらせを行っているのかは分かる。他人の苦しみを見るのが趣味なのだろう。私が苦痛の表情を見せると実に楽しそうに笑い声を上げる。

他の自宅を囲う加担者は一体どういう理由で嫌がらせを行っているのだろうか?私の苦しい姿を見るのに飽きてしまったのか?それとも最初から乗り気ではなく、何か嫌がらせに荷担しなければならない理由があって、やりたくもないが嫌がらせを行っていたのだろうか?

もし後者であれば少しホッとした気分だ。というのは加担者の全て(とまでは言わないが)が殺人行為を笑いながら実行するサイコパスだと思っていたから。

テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース

ネットチャンネルにて
Net Channel KYOにて集団ストーカーが取り上げられていました。
(上記リンク先→「番組ライブラリー」→06/09/05放送)

被害者の方から観たら内容は物足りない、第三者にこの程度の被害だと思われるという誤解を招く等、意見が有るかも知れません。ですが、
無名の一般人を集団で付き纏いや嫌がらせをを行う犯罪が存在するという事実を一般の方に知ってもらうのには良いキッカケになると思い紹介してみました。

「有名人でも無い人間に集団でそんな事やって何のメリットがあるんだ?」と言うのも被害を訴える人に対して病気扱いする人の決まり文句ですので。


番組は58分(462MB)有りますが、本題は19分辺りから。集団ストーカーについては32~40分辺り。

00:00~
 雑談
18:50 本題
 個人や悪質探偵によるストーカー例など
32:20
 無名の一般人が集団で嫌がらせを受ける事があるという話
 ターゲットになり易い人物の話(社会に強い影響力が無い)
40:20~43:00
 対応方法(無視する)
48:20~
 国民が国民を監視するシステムが有るという話(Nシステム、携帯電話があれば場所が分かる)

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

「集団ストーカー教程」作成者様より
「集団ストーカー教程」作者K24氏よりコメントを頂きました。この点を留意して読まれると良いかと思います。(8月29日のコメントが長くなってしまったので転載)


【『集団ストーカー教程』がこちらのサイトに転載されていたとは知りませんでした。少しお話をさせていただきます。『集団ストーカー教程』を書いた目的は、彼らの手口を暴露し可能な限り多くの人々に知ってもらいたいという目的から記述してみました。阿修羅に記述した理由は『荒らし』がないためです。
記述内容については特異な内容もあるため、被害を受けている人すべてにに該当しない内容もあるかもしれませんが、これらはすべて実際の内容です。ただし自分なりの主観的な解釈も入っていることは否めません。
集団ストーカーの手口は応用範囲がとても広いため、色々な工作手口が編み出されていく性質があると言えます。

集団ストーカーは主観性を好み客観性を嫌う。だから集団ストーカーは個人に対して工作活動を仕掛けることができても、集団や組織に対しては仕掛けることはできないはずです。集団や組織では客観性が出てくるため隠し切ることは不可能となるからです。】

※「集団ストーカー教程」は右のリンク先にあります。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。