スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離散工作?
数ヶ月前に新たな嫌がらせが始まり、あるモノを見せて(意識させて)来た。そのあるモノが、メール交換をしている被害者Sさんに対しての仄めかしになることを最近知る。

以前、加害者の名前を意識させられて、その事についてmixiの日記に書いた後、この加害者の名前がSさんに関係するものだと知った。2回続けてSさんに仄めかしをするところだった。

上の2つは被害初期からあったものではない。これは僕がSさんに対して
仄めかしを行うよう加害者側が誘導を図ったのではないかと。Sさんに僕が偽被害者だと思わせるるように仕向けたと思っている。

別の被害者Aさんとメール交換をしていた。自分に関係するキーワードをよく使われて、Aさんに疑いを持ち連絡を絶ってしまった。こういった誘導をされると、ひょっとしたらAさんは本当の被害者だったのかとも思い始める。
スポンサーサイト
電磁兵器と、思考盗聴・ハラスメントの証拠を示す特許 「4つの目で世の中を考える」より
「4つの目で世の中を考える」より。

マイクロウェーブへの音声変換

1973 年に、ヨセフC. Sharp はは、研究のWalter Reed の軍隊の協会の実験心理学者イラクに今日出荷される苦悶装置の開発に中枢だった実験を行った。彼に彼が彼自身が1 つから彼の頭部の10 まで数の名前をvocalize 聞くことを可能にしたマイクロウェーブ放射に彼自身の耳のメカニズムをとばす音波の形を変えた彼の実験室でジェームス林の組み立て装置があった。この特定の実験は決して出版されなかったが、1978 年に出版された林の本 、マイクロウェーブ聴覚の効果および適用で述べられない[ 5 ] 。

実験は、米国特許 6 587 729 「ラジオ波のヒーリング効果を使って話したり聞いたりするための装置」で行われた。
この特許は、1973年に実験室の実験で使用されたものの改善版で、2003年7月1日に承認され、空軍長官に割り当てられた。
それは、パラノイア精神分裂症の苦しみを伴わずに、脳で恐ろしい声を聞くことができるという科学的証拠物件である。
引き起こされる徴候は非常に類似していて、精神病、パラノイアおよび自殺に確実に導くことができる。

この特許は、スターリンのクレムリンに対抗して秘密に開発を進めなければならないのに、米国政府がなぜこの時期に公表したのか? それは、同様の効果で それよりはるかに洗練された新しい装置が既に開発されていたからというより他に私は見出せない。

それは通常の記憶をブロックして、遠隔操作による違った思考を送り、合成テレパシーと呼ばれる技術によって、歪められた、あるいはは不愉快な記憶を植えつける。
合成テレパシーを作り出す装置は、しばしば「influence technology(影響技術?)」と言われる。

音声と視覚操作によって与える 白昼夢と不快な悪夢がこの兵器システムの最も驚異的な威力であるが、動作の許容範囲を超して使用することによって それは対象者の身体に障害を引き起こすことも可能で、
激しい苦痛を引き起こし、重要な器官を損傷させたり、死に至らせたり、また人間の本来正常ないろんな感覚・意識を狂わせたりすることもできる。
別の言い方をすれば、グァンタナモ強制収容所で行われてるいろんな拷問を、この遠隔操作を用いて行うことができるということだ。

<全文を読む>

「4つの目で世の中を考える」の[裏・闇を照らす目]カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。