スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テンペストによるPC盗聴 (1)
僕のパソコン画面は加害者に丸見え状態です。妄想でも何でもありません。隣人加害者宅2軒が「覗いているぞ」という事を仄めかしてくるのだから。

例を挙げると、
・パソコン画面に仄めかしの言葉や画像が表示されると同時に笑い声をあげる、また身体に痛みや痒みを与えてくる。

・集団ストーカー関連サイトを見ていて、加害者に都合の良い情報が表示されると笑い声が、都合が悪い情報には「ふん!」と、ふて腐れたような言葉を発する。

近隣の主な加害者は2軒。音声送信主宅とその隣の4人一家加害者宅。その家の子供2人は小学生です。子供は反応が正直です。
・覗き見の対抗として壁紙をグロ画像に変更にすると「オエェェ~!」と叫ぶ。
・自分のブログ画面を表示すると「(書くの)やめろー!」と叫ぶ時があった。

・仲良し3人組さんのこのエントリー【犯罪グループがあることは警察としても認識している】を表示すると「お母さん!お母さん!」と、大変だ!という感じで母を呼ぶ子供。

集ストに関係無くても、加害者にとって都合の良い、愉快な情報には笑い声が、不都合、気に食わない情報にはふて腐れた態度を見せてきます。といった感じで、パソコンを操作している時はずっとモニター画面を覗いていているようで、何らかの反応をし続けてきます。


自宅にいる時は、親に対する音声送信で(僕の声で親に対し不満、文句を聞かせていると思われる)家族の仲を気まずくさせる、親を不快な気分にさせる間接的嫌がらせが音声送信主の主な攻撃です。それ以外の嫌がらせは、あまり僕に対して精神的ダメージを与えられてないと考えているのでしょうか。

最近、息子の訴えが本当なのかも?と思い始めたのか、親に落ち着いた態度が見られるようになった。音声送信主もその様子を見て、ふて腐れた声をあげる「ふんっ!」「むうぅ~」(←「畜生」~と悔しがってる様子)
※自分の場合、他の音声送信被害者のように、具体的な言葉は聞かされない。笑い声や声のトーンで加害者の気分が分かる。挑発してくる時は低レベルなもので、騒音おばさんが自称被害者に「あばばばばーw」と挑発してたみたいですが、あんな感じです。

それで主としていた攻撃の効果が薄れてきて機嫌が悪くなったせいか、ネット回線の遮断攻撃の頻度を増してきました。(これも以前からあった被害で、最初は偶然かと思ってましたが、回線の切れるタイミングから人為的なモノと判断してます。先日NTTに見てもらったが、異常無しとのこと)

そうなると携帯電話でネットを閲覧するしか無いのですが、それで分かった事は携帯の液晶画面は覗かれていないという事。仄めかしの言葉、画像が表示されても加害者の反応がありません。数ヶ月間、観察していたので、これは間違いないでしょう。パソコンだろうが携帯だろうが、同じ液晶のモニタを使ってるんだから原理は同じで盗聴可能なんだろう、と思ってましたが違うようです。

テンペスト盗聴は被害初期から行われてたのは分かっていて慣れてはいましたが、やはり覗き見されないでいるという事は気分が良いものです。



町中に溢れる監視カメラに対して「普通に生活をしていれば何の影響は無い、文句を言う奴は何かやましい事があるからだ」という意見がある。そういう人達はこれを見ても同じような事が言えるのだろうか。

姉にノートPC貸すんだが

これはパソコン画面監視の例ですが、プライベート空間を覗き見されながら生活することは気持ちの悪いものです。一度経験すれば分かってもらえる筈です。


上のリンク先のVipper達は集団ストーカーと同じ雰囲気を感じてしまうなあ…。
スポンサーサイト

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。