スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視線による嫌がらせ
僕は人目を気にする性格です。
(正確には人の視線を気にするような性格にさせられた)

集団ストーカーはこういった僕の性格を利用してくる。
何か作業、行動をする時に視界に入ってくる。さらにこっちをジーッと見て注意を引き、作業のミスを誘発させたり、集中力を削ごうとしてくる。

例としては、
・人と話をしている時に、会話相手の後方に立ち視界に入ってきて、ジッとこっちを見る。

・本を立ち読みをしていると、隣にいる加害者が中腰になって本を探している素振りをする。(下を向いている自分の、さらに下に顔を落とし強引に視界に入ってくる)

・駐車場に行けば大抵満車に近い状態で、一箇所空いている状況が多いのだが、9割以上の確立で、その空いてる箇所の前に停まっている車に人が乗っていて、ずっとこっちを見ている。
注意を引いてうまく駐車をさせない(イライラさせる)、あわよくば停車している車にぶつけるのを期待しているのだろう。

妄想ではありません。その証拠に僕が一発で車を停めてしまったりすると、車内でニヤニヤしながら見ていた加害者から笑顔が消えてしまいますw

先日、友人を乗せて車を駐車するケースがあった。
停めようとする箇所の隣と前方の車内に人が乗っている。後ろには駐車をせかすように待つ車。駐車を終えた後の友人のひと言
「何か皆こっち見て笑ってた。なんだろうな?」



本日、友人との待ち合わせ場所で待っていると、早速、集団ストーカーが現れる。左右に2人、前方には3人。5人で自分を囲むような形になった。

不自然なのは全員が僕のほうへ身体(視線)を向けていることだ。
携帯を弄る、携帯で大声で会話する等のアンカリング加わる。
早々と場所を移動した。この妙なフォーメーションに吹きそうになったのでw

集団ストーカーは自然を装って嫌がらせをしてくるのだけど、よく見ると不自然。これをどう第三者に納得してもらう、説明をするかが被害者の悩みだ。
スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。