スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットチャンネルにて
Net Channel KYOにて集団ストーカーが取り上げられていました。
(上記リンク先→「番組ライブラリー」→06/09/05放送)

被害者の方から観たら内容は物足りない、第三者にこの程度の被害だと思われるという誤解を招く等、意見が有るかも知れません。ですが、
無名の一般人を集団で付き纏いや嫌がらせをを行う犯罪が存在するという事実を一般の方に知ってもらうのには良いキッカケになると思い紹介してみました。

「有名人でも無い人間に集団でそんな事やって何のメリットがあるんだ?」と言うのも被害を訴える人に対して病気扱いする人の決まり文句ですので。


番組は58分(462MB)有りますが、本題は19分辺りから。集団ストーカーについては32~40分辺り。

00:00~
 雑談
18:50 本題
 個人や悪質探偵によるストーカー例など
32:20
 無名の一般人が集団で嫌がらせを受ける事があるという話
 ターゲットになり易い人物の話(社会に強い影響力が無い)
40:20~43:00
 対応方法(無視する)
48:20~
 国民が国民を監視するシステムが有るという話(Nシステム、携帯電話があれば場所が分かる)
スポンサーサイト

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。